派遣・請負問題勉強会2008~2012年開催実績

HOME» 派遣・請負問題勉強会2008~2012年開催実績 »2010年開催内容

派遣・請負問題勉強会2008~2012年開催実績

2010年開催内容

2010年開催内容


1.2010年の勉強会開催目的
 

当NPO法人“人材派遣・請負会社のためのサポートセンター”は、
一昨年秋の設立以来、労働市場において一定の社会的役割担う人材サービス業界の健全な発展と
そこで働く人達の社会的地位の向上のため、微力ではありますが種々の活動に取組んでおります。

その取組みの一つとして、当NPO法人主催による「派遣・請負問題勉強会」を開催し、
社会問題化した派遣制度を含む雇用・労働問題のあり方について、
各界から講師を招きそれぞれの専門の立場からご講演いただいております。

2009年は、派遣法改正について現実を見据えた冷静な論議が進むよう、
労働法・労働経済を専門とする学識者を中心に全6回開催し、
派遣制度についての正当な社会的評価と理解が進むよう意見交換して参りました。

2010年は、労働者派遣改正法案が国会に提出されるという状況の中、
“取巻く環境変化を積極的に受け止めどう対応していくべきか”に軸足を移し、
本勉強会を継続開催して参ります。具体的には、

①「背景としての時代変化をどう読むか」

②「派遣法改正をどう読むか」

の2つを年間の基本テーマに置き、各回それぞれの専門家からご提言をいただきました。

 

2.勉強会開催内容

 
 
各回の位置づけ  各回講師と講演テーマ
 経済・社会の環境変化、
時代認識、今後の社会
 派遣・請負を含労働問題
派遣法改正問題と今後の対応
第1回4/21  「派遣法改正問題の背景を考える」  早稲田大学:
田村正勝教授
「日本経済再生の行方・・民主党の政策を読み解く」
 (株)リクルートワークス研究所:
大久保幸夫所長
「派遣法改正の行方・・今後の人材ビジネスの真の成長課題」
第2回
5/27
 「今後の社会の方向と人材ビジネスを考える」  北海道大学:
宮本太郎教授
「日本の雇用・社会保障と民主党政権の課題」
 労働政策研究・研修機構:
濱口桂一郎統括研究員
「派遣法改正をどう読み解くか」
第3回
6/30
 「日本経済の変化と人材ビジネス経営のあり方を考える」  日本総研  :山田久所長
「環境変化が求める新たな雇用戦略」
 獨協大学:阿部正浩教授
「労働市場の変化と今後の人材ビジネスの果たす役割」
第4回
7/29
 「今後の労働政策のあり方と派遣法改正問題を考える」  東海大学 :川野辺裕幸教授
「日本経済再生のシナリオと今後の労働政策」
 慶應義塾大学:山川隆一教授
「今回の派遣法改正案のポイントと今後の人材ビジネスのあり方
第5回
10/19
 2010年まとめの勉強会
開催挨拶 
東京大学  佐藤博樹教授
 基調講演
法政大学:諏訪康雄教授
「労働市場の変化と
人材ビジネスの今後のあり方」
 (株)リクルートワークス研究所:
大久保幸夫所長
「キャリア社会の創造・・・新たな働き方を考える」